看護師

幸せ出産物語|好みの出産方法で我が子を迎えよう

赤ちゃんを授かる第一歩

自然

基礎体温を知ること

月経の周期には個人差があります。赤ちゃんを授かるために大切なことは排卵の日に合わせて精子を送り込んでやることです。妊娠が可能になる期間を知り、その期間に夫婦生活を持つ方法をタイミング法と呼んでいます。大阪でもこの方法で妊娠しているカップルもたくさんいます。不妊治療は自分の排卵の周期を熟知して、その日を予測することから始まっていきます。自分の排卵のリズムを把握するためには、自分の基礎体温を測ることが重要になってきます。大阪でも多くの人が基礎体温を測定していて、一刻も早く赤ちゃんを授かるように努力をしています。3か月ぐらい基礎体温を測っていくと自分のリズムがわかるようになってきます。これが不妊治療の初めの一歩となってきます。

一定の時刻に

基礎体温は微妙な体温の変化を測定するものですから正確に測定しなければなりません。毎日同じ時間に測定をするために、毎日同じ時間に起きる習慣をつけたいものです。朝、目が覚めて起き上がってしまうとそれだけで体温が上がってしまいます。布団のそばに体温計を置き、布団の中で目が覚めたらそのままで体温を測るのが最善の方法です。大阪でも多くの人が排卵のタイミングを知るために基礎体温をつけていて、不妊治療の第一歩を歩んでいて、それをもとに妊娠のタイミングを探っています。不妊治療の第一歩である基礎体温の把握は、誰でも手軽にできるため多くの大阪の人が排卵日を知るために努力しています。まだ見ぬわが子のためにチャレンジを続ける人も多くいます。